閲覧注意】10代現役生。処女喪失の瞬間。「できません..お金いらないので帰ります…」願い叶わず容赦なくハメられ痛みに耐えながらも大号泣、まさかの大量中出しにて人生終了。

※本商品を拡散させないでください。
※本作はリアル処女喪失映像であり、ショッキングな描写がありますので閲覧に注意してください。

3000⇨2000

皆様こんにちは。前科二犯、借金2000万円、早漏マッスルK次郎です。

どうしてこんな人間に生まれ育ってしまったのか、今更ながら自分が嫌になります。

親を恨めばいいのか、環境を嘆けばいいのか、この自己嫌悪をどこへ向けたら良いのかわかりません。

これまで何度も捕まりました。刑務所に入ったこともあります。

親類とは縁が切れました。恋人はおろか友達なんていません。

自分にはもう何もない。何も築いてきませんでした。何も残ってないんです。

でも、やっぱりやめられない。

どうしてもやめることができない。

毎日、息を吐くように少女のカラダを貪っています。

女の子が若ければ若いほど、私は生きている実感を感じます。

そしてもし、その子が処女であったなら、

私は止まらなくなってしまうのです。失うものなんて何もないから。

https://video.fc2.com/embed/player/20211025UrqeP2By/?sg=0&da=1&info=0

佳奈ちゃんは学校に通う現役生で、勉強熱心で真面目な優等生です。

ほとんど外出することがないので、家で本を読んだり映画を見たりするのが趣味だというインドア少女です。

部活は茶道部だそうで、和服に身を包んでお茶を立てる姿がありありと想像できます。純粋で清楚な普通の女の子という印象です。

そんな彼女が、某SNSにてとあるツイートをしていました。

「お金に困っておりまして、初めてですが募集してみます。僭越ながらお食事で助けてくれる方はいらっしゃいますか。」

とても目立つ書き込みでした。まず非常に丁寧な文体で知性を感じます。プロフィールには年齢も表記されていましたが、その年代の少女とは思えぬ礼儀正しさです。

興味本位で返信してみました。常に女子を漁るための努力を惜しみません。

「ご返信ありがとうございます。当方、男性とお付き合いをしたことがないこともあり、性行為の類はできませんがよろしいでしょうか?条件が合わなければ、せっかくの機会ですがお会いすることができません。」

こんな長文で返信が返ってきたことはこれまで一度もありません。しかもこの礼儀正しい文面には彼女の真面目さや優しさが垣間見えます。

普段ならここで諦めて次を狙うのですが、この時なぜだかこの少女に興味を抱きました。

この子に会って見る価値はあるかもしれない、長年にわたって女子を漁り続けてきた直感がそう語りかけました。

そうして佳奈ちゃんとの「お食事」の約束を取り付けました。

先に待ち合わせのカフェに来ていた佳奈ちゃんは、店の奥の席で一人、読書をしていました。

見た目はどこにでもいそうな普通の女の子です。目を引くような可愛さもなければ色気があるわけでもありません。

遅れたことを詫びると、佳奈ちゃんはきちんと立ち上がって、

「今日はよろしくお願いします。こういったことは初めてで、分からないことばかりですがいろいろ教えていただけると嬉しいです。」

と頭を下げてくれました。なんて礼儀正しい子なんだろう。きっと育ちがいいんだろうな。

ここで帰っても良かったのです。見た目はものすごいタイプってわけでもないし、佳奈ちゃんの真面目さに、やましい気持ちだけでやってきた自分が恥ずかしくなります。

でもせっかく来たのでお話くらいはすることにしました。あれこれ佳奈ちゃんに質問してみて様子を伺います。もしかしたらハメチャンスがあるかもしれない。

聞けば、佳奈ちゃんはやはりお金に困っているそうで、茶道部で必要になる免許の費用、受験に向けての塾代や受験料がどうしても必要になったといいます。

とある事情で親に頼ることができず、ネットを見ていたらこういった「バイト」があることを知り募集をかけてみたそうです。

それでも性行為をすることには抵抗があるそうです。なぜなら佳奈ちゃんには男性経験がないから。

いわゆる処女です。

しかし処女であることを嘘をつく女の子はたくさんいます。佳奈ちゃんもまた例外ではないと思う気持ちもありました。

「そもそも女子校なので、男性との接点がありません..」と顔を赤らめて俯きながら話す佳奈ちゃん。

本当に処女なのか…?たしかにこの子はかなり処女の香りがする。ここで急に私のチンポが勃起してきました。本当の処女である可能性が出てきたのかギンギンに反応しています。

本当に、本当にこの子は処女なのか?まだ半信半疑でしたが、この地味な顔つきと真面目さをみてると本当に処女のような気がしてきました。

処女とハメたのはいつぶりだろう。処女というキラーワードに身体中の血流がチンポに集まっていき勃起が続きました。

…あのさ、、コスプレ撮影してみない?簡単な撮影なんだけどさ!

まだ世間を知らない少女を騙すとき、いつも饒舌になります。

脳汁がドバドバと放出され、ギンギンのチンポを抑えながら、目の前の少女をなんとかホテルに連れ込む口実を作る。

この時はいつも考えずともどんどん言葉が出てきます。全てはチンポの赴くままに。

金額の上乗せと、「絶対に変なことはしない」という誓約のもと、

「ならよろしくお願いします。」と頭を下げてくれた佳奈ちゃん。あどけない少女が陥落した瞬間でした。

今日、処女を犯せる。この子の一人目になれる。この子の人生に焼きつく男になれる。この子に初めて中出しできる。

興奮で立ち上がることができませんでした。心臓がバクバクしてます。この時すでにこの子を犯すことを決めていました。

どんなに拒まれても、やるしかない。やるしかこの興奮は収まらない。これが性犯罪者の思考です。

以前とある刑務所に収監されていたとき、いわゆる「認知の歪み」を改善する性犯罪再教育プログラムを受けたことがあります。

10名ほどの性犯罪者が集まって、それぞれがなぜ性犯罪に走ってしまったのか話し合います。特に、性犯罪者特有の女性に対する「認知」が世間一般のそれとは大きく乖離していることを認めるのです。

そこで再確認した私の認知とは、「処女は私に犯されて喜んでいる」「若い少女は私とセックスができて嬉しい」というものでした。

出所してからもう数年が経ちますが、私の認知はその時と変わっていません。

処女でいることはもったいない。私が教えてあげないといけない。佳奈ちゃんを喜ばせられるのは私だけなのだから。そして佳奈ちゃんと気持ちよくなりたい。

もちろん処女を犯すのは私にとっても最高の快楽です。まだチンポも見たことがない、触ったことがない女の子に対して、チンポを見せつけて未使用のマンコにぶち込む快楽たるや想像を絶するものがあります。

未使用のマンコ。最高の響きです。売女の使い古された腐れマンコとはわけが違います。ロレックスとG SHOCKくらい違います。

佳奈ちゃんの未使用のマンコ。考えただけでも暴発してしまいそうです。しかも生ハメ中出しまでやれたら、どんな世界が待ってるんだろう。

「お願い…お金はいらないから帰らせてください…」

真剣に抵抗する佳奈ちゃん。当然です。こんなところでクソみたいなオヤジに自分の神聖なカラダを触らせるわけにはいきません。

しかし性犯罪者の心理をわかっていないようです。抵抗すればするほど、私のチンポの角度はギンギンに上がっていくのです。脳汁が溢れそうなくらいドバドバ出てきました。

10代少女の未使用マンコ。処女、処女、処女。何度も頭の中でそのワードを繰り返すほど止められなくなります。

もう引き返せない。処女のマンコにぶちこむまでは帰れない。これは君の幸せなんだよ?僕が幸せにしてあげるんだ。

一瞬、ふと冷静になりました。過去に捕まった時のことを考えたのです。親から縁を切られ、友人が去っていき、実名を公表されたせいで就職もできなくなった記憶が蘇りました。

また同じことをするのか?と、あの絶望と暗黒の牢獄の風景が蘇りました。番号で呼ばれ、退屈な工場生活の毎日、臭い飯を食い続ける日々に戻るのか。

でも気がついたら、佳奈ちゃんの未使用の処女マンコに生チンポをぶち込んでいました。

さすが処女です。全く穴が開きません。まだ一度も使われていないマンコはまったく開かない。だからチンポを無理やりねじ込みました。深く処女の体内に滞留したい。

でも入らない。泣き叫ぶ佳奈ちゃん。大号泣。それがまた興奮にスパイスを加える。脳汁がどんどん出てくる。

笑いが止まらない私と、涙が止まらない加奈ちゃん。

本当は気持ちいんだよね?だから泣いてるんだよね?安心して。二人の子どもができたらさ、一緒に育てようよ。だから奥までチンポ入れさせて。お願いだから。

無理やりねじ込みますが全く入らないチンポに少しイライラしてしまいました。

佳奈ちゃんの足を曲げて角度を変えて、工夫してチンポを奥まで入れます。

チンポが入れば入るほど佳奈ちゃんの涙が溢れてきます。痛みに耐えられない様子が可愛い。

こうして大人になっていくんだね。他の子はみんな経験してるんだよ?

あまりにも涙が止まらないので少し心配になりました。そんなに痛いのかな?

処女マンコから血が流れてないか確認しておきました。血はどうしても苦手です。

しかし佳奈ちゃんのマンコからは赤い液体は出てきていませんでした。なんだ大丈夫なのか。遠慮なくピストンを続けます。

あまりにも痛そうなのでローションをつけて、奥までの侵入を試みますが、なかなか入らない。

隠毛がローションで濡れてます。佳奈ちゃんの顔は涙で濡れてます。

頑張って6分目くらいまではチンポを入れることができました。これが限界でした。

将来、好きな人ができてエッチするときのために、ここで入れておいた方がいいのですが仕方ないです。

ちなみに興奮しすぎてずっと射精を我慢していました。

処女マンコに避妊もせずに突っ込んでるというだけで最高の快楽です。これ以上ないほど気持ち良い。

そして、処女の佳奈ちゃんの人生に新たな1ページが追加されました。

人生で初めてのセックス。初めての生ハメ、初めでの中出し。そして初めてのハメ撮り。

初めて尽くしだね、と心の中でつぶやいて佳奈ちゃんの顔を見ると、

大粒の涙で顔がぐしゃぐしゃになってました。

痛みに耐えてよく頑張った!とはかつて総理大臣が口にしていた言葉です。当時、私は留置場の中でその言葉を聞いていました。

今、佳奈ちゃんにその言葉を届けたい。大相撲優勝よりはるかに価値あることを成し遂げた佳奈ちゃんに。

佳奈ちゃんは嬉しすぎて涙が溢れていました。

痛みを経過しないと喜びはやってこないのかもしれません。

佳奈ちゃんは今何を考えてるのだろう。茶道部のことかな、勉強のことかな、それともアフターピルのことかな。

なんでもいいけど、いい映像が撮れたと思います。すぐ消されるかもしれないけど、女の子はあまり可愛くないし顔も隠してるけど、正真正銘の処女喪失を記録した価値ある作品です。

私がまた捕まることになっても、自由が奪われる前に世の中に公開しておきたいと思える数少ない作品です。

未来ある少女と、過去を捨てた男。二人の現在が紡ぎ出す最高のラブストーリー。ぜひご覧ください。

特典映像では、

「初フェラチャレンジ&処女の女体観察」
「高画質映像(2分割)約4.1GB」
「別アングル映像」
を公開しております。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事